あなたの毎日の料理を決める手助けをする総合情報サイト

>

材料からレシピまであなたの献立作りを全面サポート

家庭料理とは

家庭料理とはという何か難しい定義があるわけではありませんから、私たちが日常家で食べている料理のことです。

要するに子供のころから育てられてきたおふくろの味が基本になっていますね。日本の場合には明治以来の洋風化で、おふくろの味といっても必ずしも純和風ではありません。和食、洋食、中華などが融合したおふくろの味です。日本の場合にはさらにインスタント食品がここに入ってきます。インスタント食品も家庭の味としないわけにはゆきません。

こうした家庭料理といわれるものをメインにして、いくつかおかずを添えるというのが、日本の家庭の毎日の献立といえます。毎日の料理の決め方といっても、独身者の中には、弁当を買って済ませてしまったり、近くの食堂で食べて済ませる人もいます。毎日の料理に悩むのは、自炊の人ばかりではありませんね。

家庭の料理のあるべき姿

自炊をしている独身者は別にして、家庭の主婦の場合には、自分の家庭の団欒の楽しさや家族の栄養の責任を負っているという責任感がありますね。そんなところから料理学校に行ったりして、毎日の献立を考えている人もいます。昔なら一汁三菜、子供たちのためには、ハンバーグなどの子供受けするものと栄養補給の小鉢など、毎日毎日考えて作るのは大変です。

家庭の献立が大変なのは、現代では日本も豊かになりましたから、子供も大人も家庭でも料理店並みにおいしいものが出てくると思っているのですよね。

もちろんおふくろの味はおいしいものです。しかしそれは料理人の洗練された料理とは違います。毎日毎日家庭で食べるものは、素朴だけども慣れ親しんだおいしさのある料理なのですね。


この記事をシェアする