あなたの毎日の料理を決める手助けをする総合情報サイト

材料からレシピまであなたの献立作りを全面サポート

独身にせよ既婚者にせよ毎日料理をしているとどうしても偏りがちになってしまいます。冷蔵庫に食材をたくさんため込んでも新鮮さがなくなってしまいます。 一番いいのは、冷蔵庫の中を見て、材料を見たとたんに献立のアイデアがわくということですね。これには相当のレパートリーが必要となりますね。

デバ地下探訪と毎日の献立

日本のデバ地下は、食材はもちろんのこと、調理された料理もたくさん売っています。お惣菜といわれるものですね。あるいは外国産のチーズや生ハムなどもたくさん売っています。一角では試食もできるようになっているところも多いですね。 こう言うところでプロの料理をいろいろと味わうと、料理に対する感性が磨かれます。

子供が喜んで食べる献立

子供は日本料理のように、小鉢でいろいろと出てくるよりも、大皿でいっぱい食べたいんです。1品でも構いませんから、栄養が偏らないように気を付けます。 そんな時も野菜を食べなさいと言ってもなかなか言うことを聞きませんから、野菜に茹で卵をまぶしたりとか子供が楽しんで食べられる工夫をします。

独身者から既婚者まで毎日の献立の立て方

独身者も既婚者もあるいは子供のいる家庭も、毎日の献立を決めるというのはひと仕事ですね。献立を決めてからスーパーに買い物に行くというのも結構大変です。かといって1週間分の献立を決めておいて、1週間分の材料を仕入れておくというのも、鮮度が落ちますね。

一番いいのは広いレパートリーを持っていて、手持ちの食材を見たら、それで何を作るかすぐに献立が決められるということです。おばあちゃんの知恵の時代にはそんな人もいましたが、今ではなかなかむつかしいですね。

レパートリーを増やすというのは時間がかかりますが、こういうものが食べたいという気持ちがどんどん湧くようにするには、デバ地下の食品売り場を見て回るといいですね。いろいろと食べたいものが頭に浮かぶようになります。

毎日の献立作りで苦労するのが、家庭に子供がいる場合です。子供は結構好き嫌いがあって気まぐれですから、せっかく作っても喜んで食べてくれないこともあります。子供が喜んで食べてくれる献立を作るのも一苦労です。日本風の焼き魚などをおかずにするよりも子供はハンバーグなどのほうが普通は喜びますね。大人と子供がいる家庭ではこんなところにも毎日の献立作りの難しさがあります。子供はカレーライス、ハンバーグ、鶏のから揚げ、シューマイといったものが好きです。日本風の煮ものやみそ汁は、あまり子供は喜びません。栄養がきちんと取れるような献立で子供が喜ぶようなものを工夫したいですね。